着たいノースリーブが着れないまま終わる夏

あれは、そろそろ半袖着る季節だな、そんな初夏のことでした。

 

もともと色も白く毛深いわけでもない私も、ただただ着たいノースリーブの服がありました。

 

「脱毛って実際どうなの?」
友だちに尋ねたら、彼女が通うサロンを紹介してもらうことに。

 

紹介割引適応のプランで、施術したいパーツを払った料金の中で組み合わせ自由で施術してもらえると言うので、無理なく通えるかなという気持ちでそのサロンへ。

 

「無理なく通えるかな」と思ったのはあくまでも料金のことでしたが、私が直面した困難は他のことでした。

 

チュートリアルのような契約の内容説明を受け同意し料金を事前に支払ったものの、結果的に私の都合で施術を受けられないということに。

 

レーザーでの施術なので、自己申告ではありますが、生理中でバイオリズムが不安な時期や、身体を動かし汗をかいた(これから汗をかく)日、飲酒の予定がある日に施術が出来ないということは事前の説明で承知していました。

 

ところが、そもそもそのサロンは系列他店を含め、予約がいつもいっぱいのためごく限られた日時にしか予約が難しい状況でした。

 

生理なのでキャンセルを、とコールセンターに連絡すると、あっさり近い日程に予約を取り直すことも出来ましたが、私には私の予定もあり、予約可能な中で違う日程で妥協する訳にも行かず、ただキャンセルをしてしまっただけということもありました。

 

直近でも1ヶ月先にしか予約できないということも多く、しかも、よりによってその日に生理が来てしまったり、予約可能な時間帯が遅くその日に大事な会席が入っていたり・・・。そもそも1ヶ月先の予定それ自体見えず、予約にさえ踏み切れないということも。

 

「定期的に根気良く施術をする必要がある」との説明を理解していたものの、どうしても私の生活とサロンの運営状況とがミスマッチだったようです。

 

結局、(サロンでの施術とは無関係ですが)一番施術してもらいたかった脇に、アトピーを再発したことを機に通わなくなりました。

 

着たいノースリーブを思い切って着ることが出来ないまま瞬く間に夏が終わってしまいました。

 

おそらく、初夏に脱毛を始めること自体遅すぎたのでしょうが、オフシーズンでもそのサロンは予約が難しいようなので、料金を先に払ったのに施術はしてもらえないという客は私だけじゃないのかも?

 

 

>>もっと詳しく全身脱毛のことを知りたい!はコチラ<<

 

 

>>体験できるおすすめ脱毛サロンはこちら<<